top of page

セカンドハウス購入の資金について、知っておくべきこと

革新的なホテラオーナーシップモデルにより、多様な支払いオプションが可能になり、セカンドハウス所有がより現実的なものとなりました。セカンドハウスについてよく知り、必要資金や潜在的な負担や融資要件などを理解することで、賢明な資金確保が可能となり、後悔のない優雅な時間への道が開けます。

一般セカンドハウスに隠れた費用負担?

セカンドハウス所有にかかる一般的な費用

家の必需品:家具や備品を揃える

保険: 一般的な資金計画には含まれていない

不動産税と諸費用: 管理組合費およびその他の税金

光熱費: 冷暖房、電気、インターネット、水道などの日常的な費用負担

管理: 定期的な管理と予期せぬ修理

地域会費: コミュニティ内の別荘では、共有設備に追加料金

これらの隠れたコストを明らかにすることで、資金計画を立てやすくなり、セカンドハウスの所有が負担ではなく、喜びとなります。次のセクションでは、ホテラがこれらをどのように簡素化しているかご説明します。

ホテラ・オーナーシップは何が違う?

ホテラはセカンドハウス体験を再定義し、煩わしさとコストを大幅に削減します。センスの良い調度品で飾られ、7つ星の基準で入念に清掃され、専門チームが手際よくカスタマイズします。ホテラオーナーシップ・シェアに基づく年間費は、通常管理からプレミアムサービスまで、すべてのコストをカバーします。セカンドハウスの保守管理運営コストを共同所有者と分担することで、これまで手が届かないと思われていたエリートライフスタイルを手に入れることができます。贅沢を手の届く現実に変えます。

HOTELA年会費の説明

1.  家電製品: 継続的に、レジデンス内の家電製品を最新機器に交換。

2. 内外装: 家具、寝具、食器、絨毯、壁の塗装や壁紙、窓やドア、屋根や外壁など、施設の内外装のメンテナンス及びアップグレードに継続的に投資。

3. 共有施設: スパ、サウナ、セキュリティーシステムなどの共有施設・設備は、維持管理されるだけでなく、最新のものに継続的に改修。さらに、近隣に位置する敷地外の共有施設を継続的に追加することでお客様のご滞在体験とホテラオーナーシップの資産価値を向上。

4. サービスとスタッフ: 24時間365日対応のコンシェルジュ及びセキュリティー、毎日のルームクリーニング、ランドリー&ドライクリーニング、スパ&ビューティーサービスなど他多数。年会費に含まれるサービスもあれば、利用時に追加料金が必要なサービスも含まれます。(施設により違いがあります)

5. 一般経費: 不動産税、公共料金、保険、修繕、造園、その他一般的な施設維持管理

6. 定期点検: 水回り設備、除雪、冷暖房、造園、雨樋などの清掃

7. バスルーム: リネン、タオルの清掃や交換、必要なバスルームアメニティグッズのご用意

8. 安定した高品質の運営: 一般的なホテルとは異なり、不況時やパンデミック時においても、第三者ホテル宿泊者の宿泊稼働率の増減に関わらず運営及びサービスを維持し続けることが可能。

これらの包括的な不動産管理システムは、ホテラ・オーナーシップの価値を維持するだけでなく、最終的には年数を経るごとに資産価値を向上することに役立ちます。

融資オプション

セカンドハウス体験から煩わしさと費用負担を大幅に削減します。ホテラでは、あなたのレジデンスは常にお出迎えの準備が整っており、洗練された家具が設られ、7つ星の基準に基づいて入念に清掃され、専門のチームによってメンテナンスされます。ホテラオーナーシップ数に基づきご負担いただく年間費は、一般管理からプレミアムサービスまで、すべての運営費をカバーします。他の共同所有者と管理運営費用を共有することで、以前は手の届かないと思われていたエリートなライフスタイルにアクセスできます。ホテラは贅沢を手の届く現実に変えました。

対象となるお客様: 国内居住者、外国居住者を問わず、融資を提供します。

ダイレクトローン: ホテラ独自の審査基準で承認されたお客様に低金利の直接融資をご提供しています。融資条件は、ウェブサイト上の販売中レジデンスページに表示されています。

従来型の金融機関ローン: 従来型ローンを選択することも、現金確保が難しい場合には、選択肢の一つです。ただし、セカンドハウス向けローンは、居住用住宅ローンに比べて条件が厳しいので注意が必要です。

現金または暗号通貨: ホテラの購入代金を現金または暗号通貨でお支払いいただくと、毎月の支払いが軽減され、ホテラレジデンスの抵当権ない資産が即座に手に入ります。

キャッシュアウト・リファイナンス: あなたの既存ローンを借り換えることで、住宅ローンエクイティを活用する方法です。借り換えで得た追加資金は、ホテラの資金に充てることができます。この方法は、現在の住宅ローン金利がホテラの金利より低い場合に有利です。

現在所有する不動産を下取りする: ホテラでは、ホテラオーナーシップの資金充当のため、既存の住宅を下取りするユニークな方法を提供しています。このオプションは、現在、ご購入希望のホテラレジデンスが所在する同じ地域のみご利用いただけます。ホテラチームは、このシームレスな移行を実行するため、専門家による査定サービスやガイダンスを提供します。

ホテラオーナーシップは、従来のセカンドハウス所有に伴う煩わしさや隠れたコストを解消し、魅力的な選択肢を提供します。

従来型セカンドハウス向け金融機関によるローンについて

高額な頭金: 従来のセカンドハウス向け融資は、多くの場合、頭金が必要です。通常、個人信用レベルに応じて30%から始まり、海外居住者などの場合は50%以上の頭金が必要になることもあります。

審査会社による個人信用要求の高さ: セカンドハウス向け融資は通常、信用履歴を必要とします。しかし、頭金を多く支払うことで、信用スコアが低くても融資可能枠が多少生まれる可能性があります。

高金利: 金融機関は、借主が財政難の際に実需用住宅の支払いを優先する傾向があることから、セカンドハウス向け融資はリスクが高いと判断し、金利を高く設定します。

審査承認プロセス期間: 融資承認に関わる期間はその不動産が所在する地域によって異なりますが、例えば、ホテラの初開業地である北海道ニセコは、借り手の居住地や現地の資産などの要因に影響されますが、承認には2~3ヶ月かかる場合があります。

簡素化されたホテラ・ダイレクトローン

優位性: ホテラ・ダイレクトローンは、最短5営業日で融資承認が可能。

居住地や収入などの審査基準に柔軟性を高め、一般的に融資適格者として承認されます。

ホテラにより、夢のセカンドホームへの道がよりシンプルで身近なものになります。

ローンをお申し込みの場合、シェア購入申し込みも同時に行う必要があります。

また、ホテラ・オーナーシップ・シェアを購入するには、個人の身元調査が必要です。

  • 個人

  • 法人

  • 非営利団体

  • 政府機関

お申し込み方法

1) ホテラに直接ご連絡ください。

2) 申請完了後、5営業日で承認されます。

注意: ホテラの施設は、日本における組織的犯罪、その他の違法な組織、違法な活動一般に関連する活動を含むが、これらに限定されない、いかなる違法な活動にも使用することができないことを、すべての申請者は理解するものとする。そのような団体のメンバー、関係者、またはそのような団体と関わりのある応募者も拒否されます。

bottom of page